女性

パティシエになろう

製菓専門学校では、実際のお菓子作りを通して経験を積み、新しいものを作成するスキルを得ることができる。これらの専門学校では、ホテルやレストランなどで実際に仕事をしながら学習できる学校もあり、個人ではできない学習ができる。

カップ

自分のお店を持ちたい方も

カフェに就職したり、自分でお店を経営したいと学校に行く際には、自分の希望するスキルや資格が得られるかや、希望の就職ができそうかなどを踏まえて選ぶようにしましょう。高卒の学生さんが通いやすい学校や社会人が働きながら通えるところもあるので、気を付けて選びましょう。

お菓子づくり

お菓子のプロを目指すなら

お菓子作りのプロを目指すのであれば、基本からしっかりと学べる製菓専門学校で学ぶことも考えていきたいところです。実習でお菓子作りを学べることはもちろん、様々な講義を受けることもできます。製菓衛生師などの資格が取得できるのも専門学校で学ぶメリットです。

PICK UP

女性

パティシエになろう

製菓専門学校では、実際のお菓子作りを通して経験を積み、新しいものを作成するスキルを得ることができる。これらの専門学校では、ホテルやレストランなどで実際に仕事をしながら学習できる学校もあり、個人ではできない学習ができる。

カップ

自分のお店を持ちたい方も

カフェに就職したり、自分でお店を経営したいと学校に行く際には、自分の希望するスキルや資格が得られるかや、希望の就職ができそうかなどを踏まえて選ぶようにしましょう。高卒の学生さんが通いやすい学校や社会人が働きながら通えるところもあるので、気を付けて選びましょう。

バリスタになりたい

カフェ

コーヒーのプロ

現在は、未曾有のカフェブームと言われています。ただ飲食ができるだけでなく、特徴的なコンセプトがあるカフェが人気を博し、これからもその流れは続いていくと見られています。しかし、どのような特徴的なカフェであっても、基本となるコーヒーの味がおろそかでは顧客が定着せず、経営が不安定になるケースがあるのです。そこで注目されるのがバリスタです。バリスタはコーヒーのプロとして、エスプレッソをはじめ多彩な味を提供します。豆や淹れ方によって変化する味、ラテアートのような楽しく美しい見た目等、クオリティの高いコーヒーを生み出すのがバリスタの仕事です。カフェブームとあってバリスタの需要は非常に高く、大手チェーン店だけでなくレストランやホテル、有名カフェ等でも積極的に採用されています。バリスタになるには、未経験でカフェ等で働き、一から修行して一人前になる方法と、専門学校やスクールで必要な知識と技術を学ぶ方法の2つがあげられます。このうち現在では、即戦力のバリスタとして活躍できる学校出身者が受け入れ側の店から人気です。学校では、コーヒーに関する幅広い知識と様々な淹れ方を含む技術を習得できるだけでなく、接客のあり方や将来独立を目指すための経営について等、バリスタとしてのあるべき姿が学べます。また、学校の中には、在学中にバリスタの民間資格の取得を目指す課程が設置されているところが存在しています。バリスタになるために資格は必須ではありませんが、取得していると就職が有利になったり条件がアップするといったメリットがあるのです。

男性

調理技術から接客まで

カフェの専門学校では、調理技術や製菓技術、ドリンクの淹れ方などのほか、接客マナーや開業に関しても学びます。カフェの模擬経営やインターンを通して実際にお客様の対応をし、接客スキルも磨きます。スクールの場合は、総合コースのほか、ドリンクだけ、フードだけなど限定的な範囲のスキルのみを学ぶことも可能です。

洋菓子

お菓子作りを仕事にする

お菓子作りを習いたいのなら、調理学校ではなく、製菓を専門としている学校に入学しなければいけません。学費については製菓専門学校の公式サイトに記載があるので、奨学金の情報と一緒にチェックすることをおすすめします。

Copyright© 2018 カフェで働きたいなら専門学校へ|即戦力のバリスタとして活躍できる All Rights Reserved.