調理技術から接客まで

男性

基本を学び実践的授業へ

カフェの専門学校は数多くあります。学校を選ぶ際は、どういったことが学べるかをしっかり確認するようにしましょう。カフェ専門学校は、1年制のところと2年制のところがあります。1年制の学校は1年間という限られた時間の中で、ドリンクや調理、製菓技術に加え、接客マナーなども学んでいきます。2年制の学校の場合は、1年次にドリンクやフード、スィーツなどを総合的に学び、2年次にはそれぞれの希望する分野を専門的に学ぶというのがスタンダードです。また2年次には実際に学校で模擬カフェを経営したり、販売実習を行うといった実践的学習を行って、接客スキルやマナーを身に着けていきます。提携しているカフェやレストランなどで研修を受けられるインターンシップ制度をとりいれている学校もあります。模擬経営やインターンシップで実際に接客してみる体験は、将来カフェで働く時に大きく役立つでしょう。なお、学校によって異なりますが、授業は少人数制で行うことが多いです。実際にカフェを経営している講師から流行りのカフェメニューや注目をあつめるドリンクについて学ぶといったこともします。そのほかに、カフェの開業や経営に必要な知識についても勉強します。取得できる資格は、カフェを運営するのに必要な食品衛生責任者資格をはじめ、フードコーディネーターやサービス接遇検定などがあります。なお、カフェについて学べる学校には、専門学校だけでなくスクールもあります。総合的に学ぶコースのほかに、フードコースやドリンクコースなどピンポイントで自分が学びたいことだけを学べるコースもあります。

Copyright© 2018 カフェで働きたいなら専門学校へ|即戦力のバリスタとして活躍できる All Rights Reserved.